top info&news about us hair menu rental room photo gallery map link blog

髪をいたわる高電界処理水について

アルファビューティーの特長

 

前処理水 α1

還元力が高い、安定した高電解アルカリ水です。(マイナス側に生成されます)

 

・Ph10~11程度(一電荷)

・酸化還元電位-800mV程度(生成時)

・溶存水素量1.3PPM程度(生成時)

・薬液の浸透を高める(塩結合を切断し薬液の浸透を高める)

・薬液の還元作用を高める(毛髪に還元しやすい環境をつくる)

 

後処理水 α2

酸化力が高い、安定した高電解酸性水です。(プラス側に生成されます)

 

・Ph3.5~4.5程度(+電荷)

・酸化還元電位+400mV程度(生成時)

・溶存酸素量18mg/l程度(生成時)

・中間処理で毛髪を中性に戻す(中和作用を促す)

・後処理で毛髪を等電帯に戻す(酸化作用(反応)を促す)

水のこだわり アルファビューティー

高電解水α1(アルカリ)とα2(酸性)がパーマ、ストレート、カラーなどによる髪へのダメージを軽減し、サラサラ、つやつやな髪に!

 

アルファビューティーの髪に対する作用

 

α1の髪に対する作用

α1を毛髪に塗布し、吸収させることにより毛髪中のアミノ酸に影響しマイナスの電荷を増加させ、プラスの電荷を引き寄せる力が増大するため、スムーズな還元作用(作用)が行われます。
その結果、薬剤による毛髪への過剰負担が軽減され、それと共に薬液の使用量にも影響を与えます。

 

1. 薬液の還元作用を高めます。(毛髪に還元しやすい環境をつくります)

2. 薬液の浸透を高めます。(アルカリ性のため、塩結合を切断し薬液の浸透を高めます)

 

α2の髪に対する作用

α2を毛髪に塗布し、吸収させることによりマイナスの電荷を奪い取り、プラスの電荷を増加させるため、スムーズな酸によるバッファ効果及び酸化作用(反応)も効果的に行われ過剰な反応から髪を守ります。

 

1. 中間処理で毛髪を中性に戻します(中和作用を促します)

2. 後処理で毛髪を等電点に戻します(酸化作用(反応)を促します)

α1、α2使用後

α1、α2を作用させることにより、仕上がりとして毛髪の手触り、艶、ウェーブ形成等により良い影響を与えます。また、水素イオンも水酸化イオンも双方とも分解させても一定の抵抗がなくなる、もしくは、時間と共に互いが安定を求めて引き合い水(H2O)の形に自然になろうというエネルギーが発生します。

 

© Pixie Hair Design . All Rights Reserved.
H a i r   D e s i g n   P i x i e            am9:30 - pm7:30              岐阜市中鶉2-16-2              pixie-hairdesign.com
                                                                        月曜定休/他不定休               058-273-1050